トップへ
0

COLUMN

陶芸教室、滋賀の旅 その1

  • RECREATION
  • SUE
2017
12/20

陶芸教室!SUE熱望の陶芸教室がついに実現いたしました!大阪から日帰りできる陶芸教室でちょっと本格的なところを探し、滋賀は信楽へひとっ飛び。巨大たぬきとの遭遇、未知なる忍者村への侵入に、神秘のライトアップの極寒寺巡り。はたして生きて帰れるのか!ちょっとした冒険の模様をお伝えいたします~!

たぬきの本拠地、信楽町で陶芸体験

目指すは滋賀県、信楽町

 

10時に会社前で集合、みなさま準備万端で向かうは滋賀県!

 

 

いつものようにヒゲ社長の運転でブイーン。
SUEの席にはなぜか

 

 

 

なんでや・・・

 

途中、サービスエリアで、もぞもぞしながら
滋賀県に到着。

 

混むこともなく、スイスイ行けたおかげで
陶芸教室の予約の時間には少し早めに到着。
先に昼食を、とGoogle先生にお伺いを立て、道沿いにあった銀俵さんへ

 

 

近江米をたらふく堪能

 

シュッと進んでいくヒゲ社長。

 

 

お釜でたいた近江米を打ち出しているお店。
お昼時だからか、店内は満席。
あたしたちが入った後も、ひっきりなしにお客さんが居てました。

人数が多かったので2席にわかれ、女性チームVS男性チームで着席。
わくわくしながらお食事を待つこと数分・・・

 

  

 

キター!!!

ごはんキター!!!

 

 
信楽町ということもあり、器がとってもおしゃれ。

女性チームが必死に写真撮る。

 

 

そんな中、ふっと男性陣を見ると

 

 

もう爆速で食べてたー!はやいー!

 

ご飯はお櫃に入ったものがおかわり自由。
もうウハウハでいただきました。
何より、鯖がとっても脂が乗ってて美味しかった・・・
また行きたい。

 

 

満腹になったところで一息ついてお店を後にしました。
ごちそうさまでした。

 

 

駐車場にはなんともアンニュイな看板。
これぞアート。

 

さぁ、今回のメイン、陶芸体験へー!

 

道中、たくさんのたぬきさんが。

あわせてこんなのも。

 

 

 

ん?

 

んん???

 

 

  

 

 

はっ!

 

 

 

「たぬ木」!!!!

 

木にたぬきさんがいっぱいで「たぬ木」。
このセンスには脱帽です。

 


そしてそしてやっとこさ到着。
お伺いしたのは遊器陶舎さん。

でっかいでっかい信楽焼のたぬきさんがお出迎え。

 

 

大きさ比較

 

 

でかい。。。。
(後ほど発覚したのですが、これ、実は焼き物ではないらしく、少しショックでした)

周りを散策。
面白い陶器がたくさんありました。

憂いを帯びた牛さんに

 

 

色気たっぷりのたぬきさん。

 

 

個性豊かな焼き物にワクワクしながら、いざ!
教室の扉を開きました。

 

 

たのもー!

先導されるがまま、準備を進めます。
やるぞ~!

 

 

コチラの教室、焼き物以上に個性的な先生が。

 

 

キャシー塚本を彷彿とさせる
講師の先生。
みんなが自然と笑顔になる、厳しくも優しい先生でした。

先生のレクチャーを終え、皆さんろくろの前に着席!
陶芸開始です。

 

 

みなさん、それぞれ作りたいものを頭で描いていきますが
なかなかこれが難しい。
力加減でうにょーんってなります。

 

一番繊細だと褒められていた弊社ネコ娘。

 

 

どんぶりを作るのがとっても上手と褒められていた弊社の妖精

 

 

アーティスティックなものばかり作るね!と、かるくディスられたSUE

 

 

真剣に取り組む先生

 

 

毛が混ざらないか心配なYAVU氏

 

 

コップを作ろうとして

 


グニャってした瞬間のヒゲ社長。

「やってもたー!」
の顔。

 

 

ギャーギャー言いながらも
みんな黙々と制作していきます。

 

 

 

 

1時間の製作時間はあっという間!

 

 

みんな無事完成!!

 

 

 

焼き上がりは約1ヶ月後とのこと。
年末には会社に届く予定です!
楽しみ~~~~~~!

できたものはまたコラムにてご紹介できればと思います!

遊器陶舎さん!お世話になりました!ありがとうございました~~~!

 

さてさて、陶芸を後にして、次なる目的地は?!

 

 

情緒あふれる古民家cafeへ

Gallery & Cafe ENSOU

 

陶芸で頭を使い果たした私達は
癒やしを求めてコーヒーが飲める場所を探しました。

そして、弊社の妖精が探し出した古民家カフェ
Gallery & Cafe ENSOU さんへ。

 

 

 

何故かところどころに中華風オブジェ

 

 

タルトが有名だとのことでそちらをいただきたかったのですが
時間が遅かったこともありタルトが売り切れ・・・・

残念。

せっかく足を運んだのでドリンクだけでもいただこう店内へ。

ナチュラルなイメージです。

古民家をリノベーションしているのか、
高い天井に木のぬくもりが伝わる店内。

 

 
BGMはレコードで。
うーん。たまらん。

 

みなさん、各々好きなドリンクを。

 

 

シャレオツな風貌で出てきました。

何と言っても器が素敵。

 

 

こちらはギャラリーも兼ねていらっしゃるようで、
器も購入できるようでした。

陶芸したばっかりの私たちは、「飲みくちの薄さ やばい 」とか、「持ち手の繊細さ すごい 」など
「 やばい 」と「 すごい 」で大体の会話を済ませながらなんども素人くさいしったかで楽しむほど
興奮しながら
温かいドリンクでほっこり。

 

心地よい空間で癒やされました。

 

余談ですが、お外にはおどろおどろしい情緒あふれるアスレチック?が。

 

 

そしてやっぱり中華風のオブジェ

 

 

そんなこんなで、落ち着いた空間でブレイクタイム。
心地の良い空間に、後ろ髪惹かれながらも次なる目的地へ!

 

さあ、どうなることか・・・

後半はcomming soon!!

 

 

 

 

OTHER COLUMN